GW行楽シーズンはやっぱり「おもいやり」♪
みなさん こんにちは♪
今週末からGWですね。みなさんはお出かけの予定はありますか?
イベントや部活に遠征、各種大会や遠足、修学旅行などなど…
もちろんお仕事という方も… 私も仕事になりました(泣)
とはいえ、通勤時や仕事中にケガをしないという保障はありません。
まして、お出かけやされる方ももちろん。今年3月から比較的多い
のが車の事故で、「後方からの追突」が圧倒的に多いんです!
スマートフォン使用や、ナビや車内テレビ閲覧などいろいろ原因は
ありますが、出来る事ならケガはしたくありませんね…

私ども生命医療共済「おもいやり」なら、交通事故によるケガ通院
は1回に付き、2,500円の共済金をお支払い。交通事故による入院
なら1日目から、6,000円の共済金をお支払いしています。

ぜひ、これからの行楽シーズンはぜひ「おもいやり」をご検討を頂き
万が一の時に備えて下さいね♪
[ 2017/04/28 11:42 ]

| 保障事例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
知らなかった!骨密度が低下する原因と対策は?
みなさん こんにちは♪
今週末からはいよいよGWですね!天気もまずまずとか… 病気や
ケガのないようにお過ごし下さい。

人は年齢が30歳を越えると、体力や筋力は緩やかに低下すると
言われています。そしてもう一つ。骨密度なんです。
骨密度が低下し、放っておくと腰や背中が曲がったり、転んだだけ
で骨折したりと健康リスクが高くなるだけに、すでに対策をされて
いる方も多いと思います。
骨と言えばカルシウム… でも、それだけではダメな理由
 骨と言えばカルシウムというイメージを持たれていると思います。
 その為、骨密度を高める事が出来るようにカルシウムが豊富に
 含まれている乳製品、小魚類を摂っている方が少なくありません。
 カルシウムが多い食品
 ・牛乳 ・チーズ ・小魚 ・干しエビ
 ところが、これで万全かというとそうではありません。
 骨はカルシウム等のミネラル成分だけでなく、タンパク質の一種
 であるコラーゲンからもで出来ています。
 骨を高層ビルの鉄筋コンクリートに例えると、コラーゲンが鉄筋で
 カルシウムがコンクリートのような役割
をしています。このように、
 カルシウムはあくまでも「骨の材料」。摂るだけで、自然に骨になる
 のではなく、骨にならずに溶け出してしまう事もある成分なんです。
 つまり、骨密度を高める為にはカルシウムだけでなく「カルシウムを
 骨に付着させる」働きも必要になってくるんですね♪
[ 2017/04/28 11:28 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「14時頃に眠くなる人」が知らない睡魔の正体!
みなさん こんにちは♪

会議中にウトウト…、セミナーや講義を受けている最中にウトウト…と
のんびりするにはいい季節ですが、どうして眠気はやってくるのか?
米スタンフォード大学医学部で実証、最新科学で裏付けされた眠気の
メカニズムと対策を今日はご紹介していきます。
「ランチを食べたら眠くなる」は誤解
 日中眠くなる悩みを抱えているのはたくさんいると思います。たとえば
 お昼過ぎ14時頃にやってくる「眠気」。よくお昼ごはんを食べると消化
 の為、胃や腸に血液が集まり、脳に行く血液が減るので眠くなると
 言われていますが、どんな状況であっても「脳への血流」は第一に
 確保される事が分かっています。なので、ランチの食事が要因では
 なく「アフタヌーンディップ」と呼ばれる人間固有の生理機能です。
「眠くなったらコーヒー」は定番の眠気対策です
 カフェインが眠気に聞く事は広く認知されており、飲むと基礎代謝が
 あがり覚醒モードに体が切り替わる働きがあります。アイスコーヒー
 よりホットコーヒーの方が体温が多少上がり、覚醒度も上がるそうです。
 カフェインと言えばコーヒーのイメージが強いと思いますが、カカオ豆
 から作られるチョコレートやココア、緑茶や紅茶、抹茶にも含まれます。
 特に抹茶に含有量は高い事が確認されています。
「ガムを噛むと目が覚める」メカニズム
 よく噛む事も覚醒効果を高めてくれる方法の一つです。
 脳には「噛むと活性化する」性質があり、ミントやカフェイン入りの覚醒
 作用のあるガムを噛めば、「覚醒成分の刺激」と「噛む刺激」の二つが
 手に入るのでうまく活用したいものです。また、会議中に眠くなったり
 した時はぜひ発言する事を心掛け「ミーティングでは質問する、細かな
 事にも発現する、疑問はその場で解消する」等、言葉を出す事にも意識
 しましょう。
仮眠をするとパフォーマンスが上がる?
 じつは過眠と認知症には深い関係がある事が分かっています。
 30分未満の昼寝をする人と全くしない人を比べると発症率は7分の1、
 30分以上1時間未満の昼寝をする人と全くしない人では発症率が半分
 になる事が分かっています。この実験からも、昼寝は認知症を遠ざける
 と言えないのですが、1時間以上昼寝をする人は全くしない人に「比べ
 発症率が2倍も高い事が分かっています。

朝に入浴する人は多くないと思いますが、長い朝風呂はオススメしません。
人間は体温が大きく上がると、下がろうとする性質があります。15分入浴
してしまうと、しばらくすると体温が下がって眠くなるのです。なので、朝は
シャワーがおススメです。もちろん朝活で流行っている「ランニング」も注意
が必要です。汗だくになるまで走ってしまうと、体温が上がりすぎて、その後
元の体温より下がって眠気がやってくるんです。そんな時は、ぜひ早足での
ウォーキングがオススメです。
よくバスや電車で眠る… という声も聞きますが、実はノンレム睡眠なので
座ったままの不安定な姿勢では筋肉が緊張し、レム睡眠が出てこず、ノン
レム睡眠に入るんです。現代は生活スタイルが変わり、家庭によっては
難しいかもしれませんが、最低6時間の睡眠は欲しいものですね。
[ 2017/04/24 17:33 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
6時に起きて1日を始めるべき「5つの理由」
みなさん こんにちは♪

今日は毎朝6時前に起床したくなる「5つの理由」のご紹介します♪
ゴールを明確に
目標を達成できない人の多くは、それぞれゴールに向けて実は集中が
出来ていません。早起きすると、目標に向けて計画する時間が出来、
その計画を脳にしっかり刷り込めます。目標に向け、いつまで達成する
かを設定しましょう。そして最後にはこれまでの進捗を振り返りましょう。
1日のスケジュールが立てられる
綿密なスケジュールであればあるほど、1日がより効率的に過ごせると
言われます。また、その日の目標が明確に出来、目標に向かって行動
出来るようにもなります。
運動しない言い訳が無くなる
運動しない理由で最も多いのが「時間がない」というもの。
仕事で疲れ切ってからのジム通いとなると、本当に億劫になっても当然。
でも、6時より前に起きる事で、1日の始まる前から運動が可能です。
運動をすると幸福ホルモン「エンドルフィン」が放出される為、1日を通して
ポジティブな気持ちで過ごします。運動こそが1日を生き抜くエネルギーと
なるでしょう。
1日で最も大事な朝食が食べられる
朝食は抜かない方がいいと言いますが、朝早く起きればこの大事な食事
を逃す事はありません。この朝食を食べる事は、健康改善の効果にも
期待できるそうです。車がガソリンを必要とするように、体も1日の始まりに
エネルギーが必要なんです。
成功者は始めている
Twitterの創業者のジャック・ドーシー氏は、5時半に起床。早起きし、瞑想や
10kmのマラソンをしているそうです。AppleのCEOティム・クック氏は4時半
からビジネスメールのチェックは有名な話ですよね。

いつもより2.5時間早起きするだけで効率性が日に日に増していきます。
1週間で17.5時間、1ヵ月で70時間、1年間で840時間も朝の時間が
出来ます。この朝生活。するか、しないかでこれからあなたの生活習慣が
決まりますよ♪
[ 2017/04/17 12:42 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
多忙な人、必見!短時間で熟睡する為の5つのコツ
みなさん こんにちは♪

春眠暁を覚えず… 春先は本当に眠いですね。今日は熟睡する為に
眠る1時間の過ごし方にポイントをご紹介して参ります。
就寝1時間前にはスマホ、パソコンを消す
 就寝前のスマートフォンやパソコンのメールチェックは、エスプレッソ
 2杯分の覚醒作用があるそうです。画面から発せられるブルーライト
 が安眠を誘うホルモンである「メラトニン」を減らしてしまうからとか。
 特に暗闇でのメールチェックは目への刺激が強いのでやめましょう。
 DVD鑑賞やゲームは朝方がオススメ。あのチカチカした光が、脳を
 刺激し眠気が減っていきます。
カフェインやアルコールは早めに摂る
 アメリカの病院の研究チームによると、コーヒー等のカフェイン飲料
 は、6時間後も睡眠に悪影響を与える事がわかりました。それを考え
 夕方以降のカフェイン摂取は安眠の為に控えましょう。また、眠る前
 の「寝酒」(ナイトキャップ)という習慣は世界中にありますが、特に
 日本人はその傾向が強いそうです。しかし、アルコールは眠気を誘う
 一方で時間と共に分解されると眠りを浅くします。また、利尿作用に
 よって、喉が渇いたり、トイレに起きたりと夜中に何度も目が覚めて
 しまう事もあります。
「温め」と「リラックス」を大切に過ごす
 この眠気が強まるのは深部体温(脳や内臓の温度)が下がってくる
 タイミングです。眠る1時間前に運動や入浴で体を温めると皮膚の
 血管が広がり血液量が増えます。すると、脳や内臓の熱が血液に
 のって皮膚に運ばれ深部体温が下がります。

何といっても目覚めのカギは「規則正しい生活」にあり!
私たちの体のリズムを作る体内時計は、規則正しい繰り返しによって
パワーを発揮します。起床時刻や就寝時刻を一定にする事で、より
熟睡しやすくなり、また、良く知られれいるのが睡眠はレム睡眠や
ノンレム睡眠の繰り返しで1.5時間ほどのサイクルがあります。
たとえ睡眠時間が短くても、1.5時間の倍ほどのタイミングであれば
心地よい目覚めを得やすくなります。
忙しい毎日を支えるのは、質の良い睡眠環境を上手に整え爽やかな
朝を迎えるようにしましょう♪
 
[ 2017/04/15 16:54 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>