運動前は「動的ストレッチ」が有効が有効!
みなさん こんにちは♪

秋といえば… 読書の秋、食欲の秋、そして運動の秋ですね。
秋は運動会シーズンで、久しぶりに体を動かす人はケガをしないように
ウォーミングアップが大切です。
実はここ最近ですが、昔の常識が見直されています。「動的ストレッチ
を導入することで、動きが円滑になり、力を発揮しやすくなるそうです。

ストレッチというと、ゆっくりと筋肉を伸ばして制止する「静的ストレッチ」
が思い浮かぶと思います。最近注目されているのが「動的ストレッチ」。
運動前には、かなり有効だそうです。
動的ストレッチとしの一つとして、軸足でバランスを取りながら、足を前後
に振る「レッグスイング」。腰を反らせたり、丸めたりせず股関節を動かす
事がポイントで、走る時の筋肉の正しい動きを練習できるそうです。
一方、静的ストレッチは筋肉の柔軟性を高め、可動域を広げる効果がある
そうです。 今年、発表されたアメリカの研究では、動的ストレッチのみと
動的ストレッチと静的ストレッチの両方の比較で、ケガをする割合に差が
なかったといいます。
ケガの予防を考えた場合、まずランニングやウォーキングで体を温める事
が最も大切。瞬発力を高めるためには、静的ストレッチより動的ストレッチ
が効果的だそうです。ただし、ケガや疲労があったり体がとても硬かったり
するなら、運動前に少し静的ストレッチも取り入れるといいそうですよ♪
[ 2015/09/28 10:45 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>