FC2ブログ
「水を飲んでも太る」は本当?
みなさん こんにちは♪

今日も福井市内は快晴で空気も乾燥しています。水分補給も忘れずに。
さて、よく「水を飲んでも太る」人がいると言われますが…
結論から言うと、ウソなんです。水を飲めば一時的に体重は増えますが、
数時間後には尿となって排出。たとえ、尿にならなかったとしても、人の
体は不感蒸泄といって、呼吸の際や汗として絶えず水分が失われている
ものなので、水はいつの間にか使われてしますのが本当なんです。
※大体、乳と不感蒸泄で1日2リットル以上の水分が失われています

水は生きていくのに必要ですが、またくカロリーがないので太らないはず。
例えば、極端な話。海で漂流して水しか飲めなかった方が、救助されたと
いうニュースがたまにありますが、そういった方が漂流の間に太るという
事は絶対ありません。
非常に特殊な例で、体に取り入れた水を排出出来なくて一時的にむくむ
事はあるかもしれません。例えば、手術直後の人は血管意外の場所に
水が溜まってしまうので2~3日間はむくみますし、腎臓が悪くて尿が
出せない人が水を飲みすぎれば、むくみますし体重も増えます。
※人工透析の患者さん
女性なら月経前にむくみますので、2キロの体重差が出る事はよくある
事です。でも、これは普通に「水を飲んでも太る」といわれると言われる
状況とはちょっと違います。
では、なぜ「水を飲んでも太る」とと言われるのでしょう。
自分が「実際に食べている量」と「実際に食べていると思った量」の間に
ズレがあるという事です。
人間の食欲は… 
・食べ物が体に入った事を神経が血液を介して脳の視床下部という所
が認識する事。
・今までの経験や価値観、それに伴った好みを脳の大脳皮質という
部分で処理し、視床下部に指令を送る事。
つまり、「水を飲んで太る」という人は、この脳の高攻機能によって実際
食べている量より、食べていると思っている量が少ないという錯覚を
起こしているという事なんです。では、ここで認識のズレをチェック!
・食事の量は少ないけれど、実は間食の回数と量が非常に多い。
・間食を間食としてカウントしていない。  これはちょっとだから…
・間食していないが、ジュースや砂糖の入ったコーヒーは良く飲んでいる。

同時に陥りやすいクセもチェックしてみましょう。
・目の前に食べ物があると、つい手が伸びてします
・イライラすると、つい食べ物に手が伸びる
・仕事をしながら、テレビを見ながら食べてしまう等の、ながら食が多い

1番のオススメは、とにかく一週間、3日でもいいので自分が食べた物を
書き出してみる事です。この際は、時間に沿って書いてみて下さい。
書き出してみて初めて自分の食べている量や、食べ方のクセがわかる
事も多いはずです。梅雨が明けたら夏です。ダイエットを目的としている
方は、これに加え1日数回、決めた時間に体重を量ってグラフにすると
いいと思います。クセを直してゆくと、体重が減ってゆく事が多いので
励みになりますよ♪
[ 2016/06/02 14:16 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |