FC2ブログ
経口補水液 ~コレラの子 救命が始まり~
みなさん こんにちは♪

ここ数年で名前が浸透してきた「経口補水液」。経口補水液と言えば、
熱中症対策のイメージが強いですね。でも、もともとは発展途上国の
子供たちをコレラの被害から救う為に考え出されたそうなんです。
今日はその秘密を調べてみました。
アンケートを見てみると、経口補水液の名前を知っている人は70%
に対し、中身を知っている人は20%ぐらい。
大手メーカーの商品名「OS-1」は、ノロウィルスなどが流行する冬の
商品でしたが、熱中症が大きな話題になった2010年頃から逆に夏
の方が売れるようになったそうです。
コレラやノロウィルスなどによる感染症の腸炎では、下痢やおう吐等
で体の水分が失われ、脱水症状に。熱中症でも汗が出て脱水症状に
なります。
これらの脱水状態では、水だけでなく食塩(塩化ナトリウム)等の塩分
も出て足りなくなります。水とともにナトリウムやカリウム等の塩分も
補えるよう工夫されたのが経口補水液です。
コレラで命を落とすのは、細菌そのものではなく脱水症状が主な原因。
食塩の濃さを、血液と同じくらいにした「生理食塩水」の輸液を重体の
患者やに点滴すると助かる事が19世紀頃にわかってきました。
しかし、途上国では大量の患者に点滴をするには資源も設備も人も
足りません。1971年に、インドの難民キャンプでコレラがはやり、患者
の30%が亡くなりました。3,700人の患者へ経口補水液を与えると
死亡率が30%から3.6%へ劇的に減少しました。WHOの集計では、
年間100万人の子供が経口補水液の治療で救われているそうです。
先進国は輸液の点滴が治療の中心でしたが、近年、子供の中等度
までの脱水症状には先ず、経口補水液を使うようになってきました。
WHOの推奨にくらべ、先進国は塩分などが薄めに。コレラの発生が
少なく、ロタウィルスやノロウィルスなどに的を絞っているためです。
水やお茶などの水分だけを取ると、体液の塩分濃度が下がるので
脱水状態の改善にはよくありません。また、スポーツドリンクは味を
良くするため糖分が多めなので、やはり塩分補給には不向きです。

ちなみに…
経口補水液の代わりに、食塩と砂糖で代替品が作れます。ただし、
手作りは 衛生的な保存には十分な注意が必要 です。
(作り方 : 水1ℓに対し、食塩1~2g、砂糖20~40gを溶かします)
また、下痢やおう吐で多く失われるカリウムの補給が出来ないので
腸炎による脱水状態には不向きですので、ご注意を!
[ 2016/07/19 14:28 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>