FC2ブログ
熱中症対策のつもりが… 水分補給のNG例
みなさん こんにちは♪

日本全国で38、39℃という猛烈な暑さが続いていますが、ニュースなどで
騒がれる「熱中症対策」は万全ですか?
熱中症予防をするためには「水分補給」が最も重要です。しかし、むやみに
水分摂ろうとして正しい対策になっていないケースも! 
そこで今日は、水分補給の間違い例をご紹介していきます。

とにかく、水やお茶を飲む!
 熱中症予防としてとにかく水分と信じ込み「水」や「無糖茶」ばかり飲んで
 しまうのは要注意!結果、「自発的脱水症状」と呼ばれる症状に。
 水を飲んで大量に汗をかいた時、血液中のナトリウム濃度が下がるのを
 防ぐ為、発汗量に見合った分の水を飲めなくなるように体が反応、調整を
 してしまう現象に。結果、水を飲む気持ちがなくなり、熱中症に。
エナジードリンクを常用
 暑さで疲れを感じた時、パワーが欲しいと安易に選びがちに。
 カフェインが大量に含まれており、その覚醒作用が体の眠気や倦怠感を
 和らげてくれます。しかし、エナジードリンクは熱中症対策の為に作られた
 飲料ではなく、欲しい塩分は含まれず、また大量の砂糖が含まれている
 ので要注意です!
スポーツドリンクを薄めて飲む
 熱中症対策としてポカリスエット、アクエリアスなどを選ぶのは賢明ですが
 「吸収が早くなるかも」 「甘くてカロリーが心配」 などの理由で薄めて飲むと
 無意味になってしまう可能性が。なので、ペットボトルタイプは薄めずに。
 そして、パウダータイプは規定通りの組み合わせが正解なんです。
スポーツドリンクを凍らせて飲む
 そもそも、ペットボトルを凍らせると中の液体が膨らんで容器破損の恐れが
 ある為に要注意。また、うまく凍らせても飲料全体の濃度が不均一になって
 しまう為、溶かしながら飲むとせっかくの効果が期待できません。
 大量の氷を入れて、キンキンに冷やすのも避けたほうがいいそうです。
 ただし、温めて飲むのは大丈夫ですのでご安心を。
経口補水液はむやみに飲まない
 軽~中度の脱水症状に適した飲料で、平常時は塩分に注意です。
 経口補水液は健康状態を良くする為のものでなく、スポーツドリンクに比べ
 塩分が多く含まれている事を念頭に置いておく必要があります。
 脱水症状になりやすい状態、陥った時には有効ですが、通常時の水代わり
 に飲むドリンクではありません。

もっとも大事なのは、熱中症についての正しい対策と対処法。
最近ではわかりやすく整理された情報サイトも充実していますので、試して
みてはいかがでしょうか♪
[ 2016/08/15 10:14 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |