FC2ブログ
1杯の牛乳が熱中症予防に効果的な訳!
みなさん こんにちは♪

熱中症予防のために水分補給を工夫している人も多いのではないかと
思います。このたび、信州大大学院から熱中症予防のための暑さに強い
体づくりの方法として…
やや強めの運動の後、糖質とタンパク質を摂取することが有効 という
研究結果が報告されました。
熱中症は体内の水分不足によって血液量が減り、血管の拡張がしにくく
なったり、あるいは室内でも温度が高く、発汗がしにくい状況になった結果
体温調整が出来なくなって起こります。特に高齢者などは、体温調整など
の機能が衰えてくるため、熱中症になりやすい傾向があります。
同大学の研究によると、熱中症を防ぐためには「血液量を増やす」lことが
ポイントだそうです。
「皮膚上面の血管まで十分に血液が循環すれば、体温調整機能が向上
する」と考えられています。朝夕の涼しい時間胃に1日15~30分間、
1週間に4日以上運動を続けると効果的とされています。目安はじっとりと
汗をかく程度で、体力の7割程度の負荷で良いそうです。自力で汗をかける
体づくりも大切なポイントなんですね。

効果的な水分補給に牛乳が良い訳
 糖質とタンパク質を同時に取る手軽な方法として、牛乳を勧めています。
 牛乳に含まれるタンパク質「アルブミン」が血液中に増えると、塩分と同様
 に、浸透圧の影響で血管内に水分が引き込まれ、血液量が増えるんです。
 暑い時は、さらりとした飲み物がいい等、牛乳にも好みがあると思います。
 タンパク質を含む乳製品のヨーグルトやアイスクリーム等の糖分を含む
 ものと一緒にとると良いそうです。ただし、美味しいからと食べ過ぎると
 カロリーオーバーの心配がありますので、ご注意を。

口当たりがよく水分豊富、低カロリーな果物もオススメ
 こまめな水分補給が苦手という方は、みずみずしい果物も口あたりが
 良くオススメです。例えば、スイカ。9割が水分で低カロリー、ミネラルも
 含まれています。甘味を出すために塩をふって食べたりしていましたが
 塩分と糖分を上手くとるという点でも、理にかなっていたんですね!

また、水分にレモンやオレンジ、梅ジュース等のさわやかな酸味を少し
加えると、飲みやすくなります。刻んだ昆布を水につけた昆布水に果物
を加えたフレーバー昆布水等、ミネラル豊富に含まれ注目されてます。
まだまだ油断できない暑さと付き合う為に、上手に美味しく水分補給を
して、健康に夏を乗り切っていきましょう♪
[ 2016/08/23 10:49 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |