FC2ブログ
「右利き」と「左利き」は、どう決まる?
みなさん こんにちは♪

この夏、リオデジャネイロ・オリンピックで活躍した卓球の水谷選手は
「卓球は左利きが有利だから」と、親が小さい時に右利きだったのを
左利きに変更させそうです。この右利き、左利きはいつどうのように
して決まるのか?また途中で矯正する事は良い事なんでしょうか?

右利き、左利き どう決まる
 人間全体の10%は左利きだと言われています。つまり、右利きの
 方が圧倒的に多いと言われています。成人で、左利きという場合
 の基準は何でしょう?
 利き腕はハシを持つ、鉛筆などの筆記具を持つ、ボールを投げる
 など、繊細さを要求される動作をどちらの手で行うか、と言う事に
 よって判断されます。
 しかし、中には全てを左で行うのではなく、ボールを投げるのは左
 、ハシを持ったり、文字を書くのは右に変えるという人もいます。
 
なぜ、左利きに
 なぜ左利きになるのか?その理由として諸説ありますが、はっきり
 していません。例えば…
 「胎児の内に決まっている説」 胎内で胎児が指をしゃぶうている
 写真を見た事はあると思います。あれは、右指が多いように利き腕
 は胎児の内に決まっているという説もあります。
 また、母体の胎内での成長過程や、突発的に左脳を圧迫する事態
 が起こっており、その左脳を補おうとして右脳が活発になり、左利き
 になった説。この他には、利き腕が決まる3~4歳までにどちらの
 手を多く使ったかによって決まるという環境説。
 このように、左利きになるのは遺伝や環境説など諸説ありますが、
 どれも有力とは言い切れません。一卵双生児でも、利き腕は異なる
 ケースがあるそうです。

利き腕と脳の関係
 利き腕と脳は関係あります!
 右利きは左脳が、左利きは右脳が司っており、脳と手はクロスする
 ように結びついています。利き腕は3歳位からだいたい決まり始める
 のですが、4歳位までにはだいたい決まると考えられています。ただ
 この年齢でも5%はまだ決まらない子供もいるそうです。
 このように成長過程で利き腕が決まる背景には、脳の発達に関する
 関連があります。つまり、成長する事で脳の機能も発達してだんだん
 利き腕が決まっていくという事です。

左利きは矯正すべきか
 子供が左利きとわかった場合、親としては矯正すべきか悩みます。
 日常生活の多くは右利き用に出来ているので、左利きは不便を
 感じる事が多いと思います。
 例えば、公共のモノはたいてい右利き用です。自動販売機のコイン
 投入口やハサミ、習字や文字を書く時は、左利きの人しか分からない
 苦労があるようです。しかし、だからといって無理に矯正して子供が
 収縮し運動もしなくなったり、神経症的な傾向になり夜尿症など出て
 くる場合もあります。

矯正させたい場合でも、あまり強制せずに遊びの中で右手を使う動作
を増やし、楽しく練習させてみてはいかがでしょうか?
 
[ 2016/09/26 14:56 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>