FC2ブログ
夏場は「抜け毛が増える」は本当?
みなさん こんにちは♪

夏場に急に髪の毛が抜けて「気になる!」という声を良き聞きます。
夏場ぬ抜け毛が増えるは本当だそうです!ただ、それには理由が…
その原因や、押さえておきたい頭皮ケアのポイントを今日はご紹介
していきます♪

■ そもそも動物は夏に毛が抜ける
 動物は夏に毛が抜け、寒くなる冬になるとまた毛が生えてきます。
 季節の変わり目に毛が生え変わるのですが、特に夏になり気温が
 上がってくると体温も上昇する為、無駄な毛を落として体温を下げ
 ようとします。冬から春にかけて気温が上がってくると事で、抜け毛
 が出始め夏になるとそれが目立ってくるのです。
 こうした事は気温に合わせた自然現象ともいえます。
 人間も動物ですからこれに準じて夏には毛が抜け、冬には生えて
 くるのです。人の毛は10~15万本ですが、夏場には通常でも50
 ~100本は抜け落ちるのです。

頭皮ケアのポイント
 出来るなら自然現象以外の抜け毛は防ぎたいもの。
 夏は湿度も高くなり、体温を下げようと汗をかきます。また、頭皮
 にも汗をかき、日差しから頭皮を守る為に皮脂の分泌も活性化し
 頭皮な汗で蒸れた状態になり、雑菌が繁殖しやすい状態になり
 不衛生になて抜け毛の原因になります。
 さらに、頭皮の日焼けでけ毛母細胞が傷つき、血行が悪くなり
 栄養状態が悪くなる事で抜け毛が起こります。また。活性酸素
 の発生は頭皮を老化、乾燥させてしまい抜け毛の原因に。
洗髪
 シャンプー前は頭皮のほこり、汚れを落とす事で細菌の繁殖を
 防ぐことが出来ますので、しっかりとしたブラッシングを。
 毎日の洗髪はもちろん大事ですが、洗いすぎて皮脂を必要以上
 に落としてしまうと皮脂の分泌が過剰になるので要注意です!
 1日1回の洗髪で汚れは充分に取れるので、汗をかいたからと
 いって2回以上シャンプーすると、必要以上の皮脂がとれ抜け毛
 の原因になります。頭皮を洗う際には、強い刺激を与えず、ツメ
 などで傷つけないように優しく洗いましょう。
栄養
 夏は食欲不振で栄養低下を起こしてしまい、夏バテ状態になって
 しまうと頭皮の毛母細胞に栄養が回らず抜け毛の原因に。
 栄養が不足すると、身体は生命維持の為に栄養を優先してしまい
 毛母細胞には栄養がいかなくなります。
睡眠
 夏は夜も寝苦しく眠れず、1日の生活リズムが変わってきます。
 睡眠不足は髪の毛に最も大きなダメージです。
 睡眠中に成長ホルモンを活性化し、昼間のダメージを修復し回復
 させます。睡眠不足はストレスの原因にもなりますので、きちんと
 とりましょう。
頭皮のダメージ、結果は「夏の終わり」に。
抜け毛は夏の終わり、9月に目立ちます。それは夏に紫外線など
頭皮にダメージがあり、また、栄養の偏りやすい睡眠不足など夏の
過ごし方の結果が9月に出てくるからだと思ってください。
夏を上手に過ごす事で、余分な抜け毛を防ぐようにしたいですね(笑)
 
 
[ 2016/09/02 15:05 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |