FC2ブログ
栗は意外と糖質が高い?食べ過ぎには注意!
みなさん こんにちは♪

秋の味覚と言えば真っ先に思いつくのが、「栗」「さんま」「さつまいも」。
特に秋の栗と言えば、栗ご飯が定番ですしスィーツでもモンブランや
マロンパフェが美味しい季節です。そんなクリですが、思わぬ落とし穴
があります。それと同時に知っておきたいのが、意外と多い栗の栄養。
「栗って栄養あったの?」と思った方は、ぜひチェックしてみて下さい。

栗は糖質が高い!食べ過ぎに注意
 低糖質なメニューに注目が集まっている中、糖質量は6.5g。カロリー
 は33KCal。これでは多いのか、少ないのかわかりづらいですが…
 栗の糖質量は精白米ごはんと、それほど差がない事がわかります。
 また意外な事に、サツマイモやジャガイモより栗の方が糖質量が多い
 のは驚きです。栗は小さい為、気を抜きがちですが何個もバクバク
 食べるのは避けた方が良さそうです…

狩りをしていた時代は秋の栗で中性脂肪を蓄えていた
 飽食の時代言われる現代では、想像がつきにくいのですが、遠い昔
 狩りをしていた時代では秋の栗は大きな役割があったそうです。
 その時代の食していた栗は糖質が多い為、インスリンが多く分泌され
 やすくなります。するとエネルギーとして使われず、余った糖分を脂肪
 として蓄えることになります。
 現代人にとって悲鳴を上げる事態ですが、昔の人にとっては嬉しい事。
 食料が得られなくなる厳しい冬を越す為に備えにしていたと言われます。
 今でこそ栗は糖質が多く「要注意」の食べ物として扱われますが、時代に
 よっては貴重な糖質摂取源だったんですね。

意外と栄養価が高い栗
 さらに栗には糖質だけでなく、様々な栄養素が含まれています。例えば
 その昔、中国では飢餓の際、隣国に食糧支援を請う時には、米より栗を
 要望したと言われます。
 実際、栗の実にはでんぷん、カリウム、ビタミンC、食物繊維といった栄養
 が豊富に含まれています。
 また、栗の渋皮にはポリフェノールの「タンニン」が多く、抗酸化作用が
 期待できます。

「糖質が多い」「栄養価が高い」などの事実を知った今は、秋の味覚の定番
である栗の見かた少し変わってきます。食べすぎに注意しながら。栄養源と
して活用してはいかがでしょうか。
 
[ 2016/09/14 18:02 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |