FC2ブログ
秋は「めまい」が多い季節?
みなさん こんにちは♪

「季節の変わり目は体調を崩しやすい」と昔から言われています。
猛暑の夏から急激に涼しくなる秋にかけて、特に増える症状が「めまい」。
しかし、一体それはどうしてなのか?今日は秋にめまいが重くなる原因や
その対処方法をまとめてみました。

秋に「めまい」が増える原因は?
 めまいの原因は、姿勢のバランスを保つ三半規管や、耳、脳、血圧など
 の異常によるものがあげられます。これらの異常は病院などで検査する
 事で原因を特定していく事が可能ですが、検査で分からないのが…
 「自律神経失調症」によるものです。 秋に出現するめまいの多くは、
 自律神経のバランスが崩れる為に起こるもの。秋は急激な気温、気圧
 の変化に加え、日中の気温差が大きい
ところから自律神経のバランス
 が乱れやすいのです。
 また、近年では「秋バテ」という言葉が生まれるほど、様々な症状で苦し
 でいる人が増えています。これらの症状が現れる背景には、真夏の
 猛暑で最高気温が年々上がっている事や、冷房の使い過ぎにより体が
 冷えてしまっている事があります。また、めまいの他にも火照り、発汗、
 頭痛、疲れやすさ、精神面の不安定さなどの症状が重なっている時は
 自律神経の障害と疑ってもいいでしょう。

自律神経の乱れからくる「めまい」対策は?
 しっかり体を休める事。そして、温める事が大切です。
 季節は秋に変わっていきますが、夏のような生活を続けていませんか?
 日中は気温が高い日も多いので、冷房を使ったり薄着で過ごしたりと、
 ついつい夏と同じように過ごしてしまいがち。
 こうした「体の冷え」が、自律神経のバランスを崩す一番の鍵なのです。
 また、夏にこういった生活を続けていた人程、秋バテの症状が出やすい
 と言われています。体を温める為には、毎日の入浴で湯船にしっかりと
 浸かるようにしましょう。肌の露出を避け、特に足首を温めると良いとか。
 めまいを感じたら、しっかり休息をとるようにして下さい。季節の変化に
 体がついていけず、自律神経のバランスが乱れてしまうのは体からの
 サインです。ここで無理をしてしまうと、慢性的な自律神経失調症に発展
 してしまう恐れがあります。
 適度な運動とバランスの良い食事、そして心地よい安眠が自律神経の
 バランスを整えてくれます。

気候の変化でバテてしまいがちな心身を、上手に循環させてあげられよう
意識を向けていれば改善していく事でしょう。秋になると現れる、めまいの
症状には、他の病気の可能性もあります。症状が改善しない場合には、
一度病院で受診されてみて下さい。
[ 2016/10/01 09:31 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |