FC2ブログ
安いお酒は酔いやすい?日本酒は二日酔いする?
みなさん こんにちは♪

透明で見た目も美しい日本酒は、海外でも愛好家を増やしているとか。
一方で「日本酒は飲むと二日酔いがひどい」「頭が痛くなる」という人も
いますよね。確かにたくさん飲めば当然二日酔いになりますが、量以外
にも理由はあるのでしょうか?

二日酔いに影響を与える「コンジナー」
 お酒の醸造過程で生じる「コンジナー」と呼ばれる不純物は二日酔い
 の原因のひとつ。
 お酒の分解は肝臓で行われ、アルコールをアセトアルデビドに分解する
 工程と、このアセトアルデビドをさらに酢酸に分解する工程があります。
 アセトアルデビドは毒性の強い頭痛、吐き気、動悸などの原因物質。
 例えばアルコールの分解が得意で、アセトアルデビドの分解が苦手と
 いう人。このタイプは酔いにくく、お酒に強いものの頭が痛くなったり、
 二日酔いになったりします。
 反対にアルコールの分解が苦手で、アセトアルデビドの分解が得意と
 いう人。このタイプは、すぐに酔ってしまいますが頭が痛くなったりせず
 美味しくお酒を楽しむ事が出来ます。
 さらに、特定のコンジナーの分解が得意、又は苦手という要素が加わり
 二日酔いになりやすいかどうか決まるのです。

安いお酒は酔いやすい
 お酒には日本酒、ワイン、ビールのように酵母の発酵で作られる醸造酒、
 と、ウィスキー、ウォッカ、焼酎のように、醸造酒を蒸留してアルコールの
 純度高めた蒸留酒があり、コンジナーは醸造酒の方が良い易いとか。
 安いお酒が酔いやすいというのは理由があります。一般的に、高いお酒
 ほど、不純物を取り除く工程が丁寧なんです。
 
バッチテストで体質を確認
 消毒液に使うエタノールを絆創膏に貼り、エタノールを2~3適垂らし腕の
 内側に貼り付けます。その後7~10分後に皮膚の状態を見て判断します。
 ・7分後に赤くなる人
 全く飲めない体質と言えます。少量の飲酒でも危険です。
 ・10分後に赤くなる人
 かなり弱い体質です。無理して飲むと、肝臓を壊すリスクも高いので十分に
 注意を。

もともと、お酒の分解能力が高くない人が、苦手なコンジナーを含むお酒を
飲んだ時に、二日酔いになりやすいといえます。
「日本酒は二日酔いになりやすい」という人もいると思いますが、日本酒は
ダメだけどワインならOKなど、得意、不得意は人それぞれ。
まずは自身のお酒の分解能力を把握し、苦手なお酒の種類を見つけて
おけば、二日酔いを上手に避ける事が出来ますね♪
 
[ 2016/10/03 16:27 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |