FC2ブログ
コンタクトレンズの「常識」はウソばかり?目に優しいレンズはない
みなさん こんにちは♪

今年は台風の当たり年?夕方から夜にかけて福井県に接近するとの事、
帰宅時間にあたる方は、注意して帰宅されて下さい。
さて、先日「やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える本当は
怖い目の話」を読みました。著者は東京、神奈川で開業し15万件の治療
を行っている現役眼科医。コンタクトレンズ愛用者としては、非常に興味の
ある記事ばかり。今日はご紹介していきます。

多くの人は「日本の医療は世界のトップレベル」と思っているかもしれません
が、それは幻想なのだとか。特に眼科医医療に対しては、日本は世界から
20年以上遅れているそうです。
その原因は、日本における眼科医の地位は低いという事。「歯医者、眼医者
も医者のうち」という差別的な言い回しがある事がそれを示しています。
コンタクトレンズショップや美容業界の下請けのような仕事に甘んじている
眼科医が多い現状があるのです。
ある現役の眼科医いわく、眼科治療に関していうなら「日本は間違った常識」
がはびこっているとか… 間違った常識とは?例を合わせてご紹介します。

■ 「コンタクトレンズ保存液で洗浄できる」のウソ
 例えば、コンタクトレンズの手入れがいい加減な人がいます。直接、目に
 触れるものなのでぞんざいに扱っている人が多いとか。もっと清潔に保つ
 事に気を使うべき、また、2週間装用タイプは決して使わないように。
 就寝時はコンタクトレンズを外し保存液に入れ…、この保存液が注意!
 保存液でタンパク質も除去でき、清潔に出来るとメーカーは謳っています
 が、うのみにしてはいけません。
 本当にタンパク質が除去でき、細菌を殺せる程の強い液体なら、そんな
 液につけたコンタクトレンズを装着したら、目の細胞が死んでしまいます。
 実際に保存液のほとんどは水と一緒。信頼など出来ないそうです。
 それなのに、保存液を買うのが面倒だからと代わりに水道水を使う人も。
 水道水には雑菌が含まれ、しかも地方によってはアメーバ原虫もいる
 んです。アメーバ原虫によって角膜炎にかかる方も多いのでご注意を。
 コンタクトレンズの問題は根深いものがあります。都会の駅の周辺には、
 驚くほど多くの眼科があります。しかも、そのほとんどがコンタクトレンズ 
 ショップという事はご存知ですか?
 医薬品医療機器等法では、コンタクトレンズは医師が扱う高度医療機器。
 すなわち、処方してくれる眼科医がいないと販売が出来ません。しかし、
 コンタクトレンズショップは医師を雇って販売をしているのです。しかも
 雇われている眼科医は未熟な医師が多く、それどころか眼科医でない
 医師が診療している事も珍しくありません。
 
■ コンタクトレンズの原価は「数十円」
 コンタクトレンズの材料費は数十円。ショップでは数十円のものを数万円
 で売っているのです。ショップで医師を雇っても割に合うんですね…
 そこで開業医の強い反発があり、販売に関しては医師の処方箋がないと
 販売できないように厚生省に上げた経緯があります。しかし、これは裏目と
 なりました。ショップが診療所を併設、保険診療をしていると診察代金もとる
 ようになったのです。結局、儲け話を奪い返そうとしたのが、かえって販売
 が出来なくなったのです。このようにショップにとって、コンタクトレンズの
 販売は、すごい利益率なんです。

なぜ、コンタクトレンズが本来は「高度管理医療機器」と警告したかというと
多くの問題を起こすからです。コンタクトレンズは涙に浮いているようなもの
ですから、涙の分泌が少ない人はもともと向いていないのです。
「このレンズは酸素透過性が70%高いので、つけっぱなしOK、目に優しい」
と宣伝していますが、そのような広告はうのみにしてはいけないそうです。
酸素透過性とはレンズ工場出荷時点での値に過ぎず、装着していれば当然
タンパク質や汚れが付着し、酸素透過性もどんどん悪くなります。やがて、
酸素が黒めの角膜に行き渡らなくなります。
すると、角膜の上皮が痛み表面の細胞が死に細かい傷がたくさん出来ます。
コンタクトレンズを1日つけっぱなしというのは、本当に危険なんです。

■ コンタクトレンズ装着は8時間以内
 コンタクトレンズの原則をいうと、長くて「8時間以内の装着」にしてください。
 装着中でも痛い、目が赤くなる、見えにくい、目やにが多いの症状があれば
 すぐ外し、メガネに変える事。目に優しいコンタクトレンズはないそうです…
 角膜の表面に傷が出来も、、コンタクトレンズを装着したままにしておくと
 特にソフトレンズの場合、傷を覆い痛みを感じにくくなるそうです。これが、 
 角膜表面の傷に細菌感染を起こす事があります。
 
ここ10年間の間に、カラーコンタクトもファッションの一部として広く浸透。
子供も普通に使用しています。そして最近も、目に関するトラブルもよく
聞きます。コンタクトレンズを甘く見てはいけません。失明に繋がる病気も
起こりうる事がわかりました。今一度、使用前には説明書や注意書きを
よく読んで、正しく使っていきましょう。
 
[ 2016/10/05 11:36 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |