FC2ブログ
「食欲の秋」では済まされない?異常な食欲の見分け方
みなさん こんにちは♪

食欲の秋。食卓にごちそうが並べられると、ついつい食べ過ぎて…
一時的に罪悪感を感じる事も。特に問題がないはずでも、慢性的な
食欲は心の不調を表しているのだとか。
食欲の増進時に気をつけたい心の病気を、今日は解説します。

■ お腹が空いても、体に栄養が足りてるのに食べたくなる
 食欲は人間の本能のひとつ。時間が経つにつれ、食欲は強まるもの。
 体に栄養が足りている時でも、衝動的に甘いものが欲しくなる時が
 あります。特にストレスが溜まると甘いものをついつい…
 実際、甘い物を食べると気分が良くなります。甘い物が体内に入ると
 その代謝物であるグルコース(ブドウ糖)が脳の栄養源となるだけで
 なく、脳内の報酬系を刺激して気分を良くしてくれます。
 もしも、甘い物が無性に欲しい時は心の不調に注意!慢性的な気分
 の落ち込みがあり、その落ち込んだ気分を良くする為に、脳が甘い物
 を求めている可能性があります。

■ 食欲増進時のうつ病のサイン
 もし、甘い物や炭水化物類への欲求が強まっている場合、以下の症状
 はないでしょうか?
 ・昼間の眠気が強い
 ・疲労感が強い
 ・イライラしやすく、仕事や勉強に集中できない
 ・今まで、楽しめた事が楽しめない
 以上の症状は、うつ病のサイン。こうした症状が一定期間、特に2週間
 以上持続している場合は注意が必要です。

■ 「自分は無縁」と油断せず
 うつ病は脳内環境が悪化した為に生じやすい病気です。うつ病の症状
 の発現は個人差が大きく、食欲増進、眠気が強くなるとは限りません。
 その反対で食欲不振、不眠の場合も多いです。

■ うつ病へのアンテナは普段から高めに
 うつ病には、抗うつ薬を中心とする薬物療法や、心理的な問題に対処
 する心理療法がありますが、大原則は出来るだけ早期に治療する事。
 普段からアンテナ(意識)を高めておきましょう。

また、秋は日増しに太陽の昇る時間が短くなっていきます。日照不足は
脳内環境を悪化させ、うつ病には気をつけたい季節です。
ベッドで1日中ゴロゴロしていたいほど眠気が強まったら、一見、冬ごもり
に入りそうですが、実は脳内環境に問題が生じている可能性が強いそう
です。せひ、アンテナを高く持ちましょう。
[ 2016/11/21 16:36 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>