風邪の引き初めに摂るべき栄養素の食事のコツ♪
みなさん こんにちは♪

風邪には細菌性とウィルス性のものがあります。いずれの場合も、風邪の
予防は風邪の原因菌を体内に入れない事。
風邪をひいてしまった場合、これらの原因菌に対抗する為に免疫力を
上げる事が大切です。すなわち、風邪の予防と対策の大原則は免疫力を
上げる事。そして、最も効果的なのは「休養と栄養」をしっかりとる事です。

■ 「変だな?」と思ったらまずは、たっぷり休む
 「休養」は体の栄養だけでなく心の栄養も含みます。忙しくてストレスが
 溜まってしまうと、どうしても体に影響が出て風邪をひきやすくなります。
 少しでも変だな?と思ったら、まずはたっぷり休みましょう。
■ 風邪かなと思ったら、摂りたい栄養素と食べ方のコツ
 風邪の時も栄養の基本は「バランスの良い食事」です。ダイエット中でも
 風邪かな?と思ったら、ダイエットはいったんお休みです。
 ダイエットは食事からのエネルギーを減らし、体脂肪を燃焼させ体重を
 下げていきます。摂取エネルギーが不足すると免疫力を強化する為の
 栄養素が不足しやすくなります。その為、免疫力が低下して治りが遅く
 なっていきます。

風邪をひいた時、免疫力を上げる為に特に意識した事は下記の3つです。
ビタミンは体に必要な成分に変換する際の潤滑油。ビタミンの中でも、
特に摂りたいのがビタミンC、A、B1です。
・ビタミンC… レモン、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリー
・ビタミンA… レバー、うなぎ、卵、ニンジン、カボチャ、小松菜
・ビタミンB1… 豚肉、コメの胚芽部分、大豆など

■ 温かい料理を食べる
 低体温の時には、免疫力も下がりやすくなっています。
 その為、体をしっかりと温める事が大切です。冷たい料理よりは、温かい
 料理を選ぶと体の内側から温まりやすくなります。熱がある時は、冷たい
 物が美味しいと感じられますが、冷たい物は体が冷えやすくなってしまう
 ので、出来るだけ食べないようにしましょう。
■ 水分をしっかりと摂る
 風邪の時は水分をたっぷり撮りましょう。熱がある時は通常よりも、汗や
 吸気から水分が出ていきます。その為、脱水症状になりやすいのです。
 飲むのは白湯や番茶のようなカフェインの少ない飲み物がいいそうです。
■ 「休養と栄養」以外にもある、効果的な風邪予防
 それは、「手洗い」「うがい」「マスク」です。
 まず、手を洗い雑菌をしっかり取り除き、うがいで喉の雑菌を洗い流し、
 マスクで新たな雑菌に触れないように防御します。
 
余談ですが、手洗い、うがい、マスクは風邪だけでなく、インフルエンザ
にも、もちろん効果的です。ぜひ、実行してください。
さらに、余談ですが(笑)… 室内の室温は70%くらいに保つと、風邪の
活力が弱まり感染力が低下します。
最後に裏ワザを一つ。熱を下げたい時には、おでこでなく、わきの下を
冷やすのが効果的です。風邪やインフルエンザの他、熱中症にも効果的
なので、ぜひ覚えて下さいね♪

[ 2016/11/25 15:29 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>