FC2ブログ
読書をする人は寿命が2年長いってホント?
みなさん こんにちは♪

 バスや電車、またはカフェなどで辺りを見回すと、本を読む人よりも
ゲームやSNSなどに夢中になっている人を最近は多く見かけるように
なりました。もちろん年代にもよりますが…
ちょっとした空き時間にスマホをいじってしまうぐらいが、ちょうどいいと
思ってしまう私も同じです。そんな中、もっと積極的に読書したくなるよう
な記事を見つけたので、今日はご紹介します。

■ 読書がもたらす知られざる効果
 エール大学公衆衛生学部の最近の研究によると…
 寿命の長さにも大差があり、週に3.5時間以上読書する被験者達は
 読書をしない被験者に比べ、23%も死亡する確率が低かったのです。
 実際、読書好きは丸2年も寿命が長くなりました。これはジョギングが
 心臓血管系効果があるのと同様に、読書には脳に効果的な運動効果
 がある
と言います。 これは、「Neuralogy」誌に発表された研究と一致
 しています 。読書は、その衰えプロセスを緩やかにして、頭を明瞭に
 保つのに役立ちます。似たような研究で、定期的に読書する人達は
 アルツハイマーになる確率が2.5倍も低いことが分かっています。
 本の内容によってはドキドキしたり、その後の展開に思考を巡らす事
 は良くありますが、計算をしたり、知識を頭に入れたりしている訳では
 ないので、それが脳の運動にはなっているとは思いませんでした。
 何気なしに文字を追いながら、無意識に登場人物の名を覚えたり、
 何ページ前では、ああ言ってたなと反復したりする行為が、実はもの
 すごく脳を動かしているそうなんです


■ じゃ何を読んだらいい
 雑誌の記事や新聞も良いのですが、一番良いのは本を読む事です。
 ストーリーが重々しい本、ハラハラドキドキする本、読み終えるまで
 眠れなくなる本、膨大なページ数の本、とてつもあく素晴らしい本と
 読んで楽しく、たまには心に残るというだけでなく、健康と長生きの元
 になるバランスのとれた知性のダイエットでもあるんですね。

この研究の要点は「本を読む事の利点は寿命が長くなるので、ますます
たくさんの本を読めるようになる事
」だそうです。
私は気に入った本を何度か、読み返すのが好きなのですが、同じ本でも
読む時に自分が置かれている状況や、心の変化によって新しい発見や
違った感想が生まれる所から読者のおもしろさの1つだと思っています。
読書の秋でもありますので、ぜひ、この記事をきっかけに素晴らしい本
との出会いを探してみてはいかがでしょうか♪
[ 2016/11/01 14:14 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |