FC2ブログ
冷え性だから「靴下を履いて寝る」これスグやめて!
みなさん こんにちは♪

寒くなるにつれ、気になるのが足先の冷え。
冷えがひどい人の中には、「足が冷えて寝れない」という人もいます。
その対策に靴下を履いて寝るという人も多いと思います。しかし、
これはあまり良い事ではありません。

■ 寝つきが悪くなったり、スッキリ起きれない事も
 そもそも寝る時に足先が冷たくなるのは自然な事です。なぜなら、
 私たちの身体は眠りにつくにつく時、体温を下げ眠りにつきやすく
 する働きがあるからです。
 私たちの身体は、日中の活動している時には体温が上がります。
 そして心臓は、全身に活発に血液を送り出しているのです。眠りに
 つく時は、その逆です。
 眠る為の身体の準備として、心臓の動きはゆっくりとなり身体中に
 送り出す血液の量も少なくなります。そうして身体の熱を外に放出
 しながら体温は少しづつ下がっていきます。
 すると、心臓から遠い場所にある細い血管、つまり足先の体温は
 身体の中心部よりも下がります。その為、足先は特に冷たさを感じる
 訳です。
 その後、靴下を履いたまま寝る事は、一日中の疲れがしっかり取れず
 朝スッキリ自覚の得られない原因になる事もあります。

■ 足を締め付け、さらに冷えの原因に
 特に足にフィットするような、足首を締め付けるタイプの靴下は、足首の
 細い血管を締め付けてしまいます。血管には、体温と言う熱を身体中に
 運ぶ役割があります。その為、締め付けると細い血管を締め付け、血液
 の巡りを悪くなり充分な熱が運ばれません。そして、その部位は冷えて
 しまいます。

■ 足先が冷たくて眠れない時の対策
 ①生活習慣の見直しを
 冷えた足先を温めるというより、全身を温める事を意識しましょう。
 足の冷えも、生活習慣が影響している事がほとんどです。
 適度な運動やストレッチ、夕方以降はカフェインの摂取や冷たい飲み物
 を控える。寝る前にお風呂に入るなど実践すると良いそうですよ。
 忙しいと食事もある物で、そして運動不足。入浴をシャワーだけで済ませ
 日頃の生活になかなか目が向かなくなります。
 特にカフェインは覚醒作用だけでなく、身体を冷やす作用もあるので注意
 が必要です。
 ②湯たんぽや、熱を逃がしやすい靴下を活用
 どうしても気になるという人は、足元をじんわりと温めてくれる「湯たんぽ」
 を活用したり、靴下のゴムが緩く、足の指を開いても余裕のあるような薄手
 で、綿素材が良いそうです。
 
■ 靴下で新陳代謝に影響が…
 冷え性に限った事ではありませんが、「一日中、靴下を履く」という事は
 新陳代謝を悪くしています。ご存知の方も多いと思いますが、足の裏には
 汗腺が多く発達しています。足裏の刺激が弱まり、皮膚呼吸の妨げにも
 繋がっています。

自宅では、素足や薄手の綿素材の靴下を履く習慣をしてみましょう。そうする
事で、身体全体が活性化に。ぜひ、みなさんもお試しを♪
[ 2016/11/05 12:55 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |