寝不足と不眠症の間にある「かくれ不眠」とは?
みなさん こんにちは♪

みなさんは「かくれ不眠」って聞いた事はありますか?かくれ不眠とは
寝不足と不眠症の中間状態だと言われています。
はっきりした不眠症は、睡眠障害として治療の対象になりますが、この
かくれ不眠は「まだ、そこまでいってないけど放っておくと睡眠障害」、
それだけに、この段階で手を打っておくと不眠症におちるのを予防する
事も可能です。

■ かくれ不眠とは…
 「布団に入って眠れない」「ちゃんと寝ているはずなのに朝から疲れが
 残っている」という状態はありませんか?睡眠に悩みや不満があって、
 日常生活に影響はあるにも関わらず、本人は「大丈夫」「体質だから」
 「休日に寝だめ」など放置していたり、睡眠の重要性への意識が低い
 状態がかくれ不眠です。

■ かくれ不眠:セルフチェックと5つのタイプ
 ・最近、面白そうな事があっても、あまりやる気がない
 ・仕事が忙しkて寝ないと夜遅くまで頑張ってしまう
 ・起きた時に「よく寝た」と思えない
 ・寝つきが悪い事が多い
 ・眠れないのは異常ではない
 ・集中力が途切れがちで、イライラする事が多い
 ・寝る時間は決まっておらず、毎日バラバラである
 ・平日はあまり寝れない為、休日「寝だめ」する
 ・よく昼間に居眠りしてしまう事がある
 ・思ったよりも早く起きてしまう事がある
 ・自分は寝なくても大丈夫な方だ
 ・夜中に何度も起きてしまう事がある

■ かくれ不眠:5つのタイプと対処法
 「生活不規則」タイプ
 特徴 生活や仕事が忙しく、生活パターンが不規則になり睡眠が削れ
     られているタイプ。本人が苦にしなくても、脳が疲れたり身体機能
     のバランスが崩れている。
 対処法 毎日同じ時間に睡眠を。就寝時間が一定すると睡眠リズムが
      整い、睡眠の質が向上し快眠に。
 「自分は大丈夫」タイプ
 特徴 眠らなくて当たり前。寝なくて平気、寝る時間が惜しいと睡眠を
     犠牲にしている最も不眠症に近いタイプ。
 対処法 スマホのアプリやガジェット等で、睡眠の記録を。睡眠に対して
      自覚的になり、意識するようにするのがポイントです。
 「眠りが浅い」タイプ
 特徴 ぐっすり眠れないと感じている。睡眠の質が良質でないタイプ。
     若い人にも現れるそうです。
 対処法 寝る前の室温、温度調整や睡眠改善など自分に合った入眠
      方法を見つける事が大切。
 「高ストレス」タイプ
 特徴 当てはまる項目が少なく、不十分な睡眠でストレスをもたらして
     いるタイプ。イライラ、無気力、無感動など睡眠とは関係なさそう
     なメンタル上の問題が実は不十分な睡眠が起因。
 対処法 この対応の90%以上が目覚めた時の不充実感を感じており
      睡眠改善薬の力を借りるのも1つの手。初期かくれ不眠。
 「初期かくれ不眠」タイプ
 特徴 現時点では軽度なかくれ不眠状態。今の時点で自分の睡眠の  
     質を改善する事を強く薦めます。早期の見直しを。
 対処法 かくれ不眠の予防が出来る軽度な症状。今のうちに「かくれ
      不眠」を周りにも理解してもらう事が大切。
 
■ 日本人の5人に1人が不眠に苦しんでいる
 睡眠障害には、不眠だけでなく「寝すぎ」など過眠もあります。
 日本人の5人に1人が不眠に悩み、3人に1人が睡眠障害を抱えている
 と言われています。病気ではないから… そのうち治る… と思ったら、
 早めの治療をお薦めします。健康を取り戻せたら、本人の気分や生活
 ばかりでなく医療費などの節約になりますよ。
[ 2017/01/27 12:23 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>