FC2ブログ
タバコの健康被害は本当? なぜ「喫煙者減」なのに「肺ガン増」なのか?
みなさん こんにちは♪

愛煙家にとって気になるのは健康問題。確かに周りを見るとタバコを
吸っている光景は少なくなってきたように思います。
愛煙家にとっての悩ましい問題はやはり健康問題ですね… なぜ、
喫煙者は減少しているのに、肺ガンは増加傾向なのか?
■ 喫煙者は減っている
 JT全国喫煙率調査によれば、1965年(昭和40年)以降ピーク時の
 83.7%と、1960年と比較すると2014年は平均30.3%。
 48年間で53ポイントも愛煙家が減少した事になり、世代別に見ると
 急激な喫煙率の減少傾向は、60歳以上だと21.1%。ちなみに…
 2014年の喫煙率が一番高いのは、40歳代が38.5%。
 喫煙率は減少傾向であるのは数字を見ればわかるものの、それでも
 約1,500万人が喫煙していると推定されています。
■ 動物実験では喫煙や受動喫煙の害の証明とはならない?
 そこで、この問題の解明となるのが1981年に発表された「平山論文」。
 喫煙者の夫9万1,540組を16年間追跡調査し、夫の喫煙が多いほど
 妻の肺ガンによる死亡率が高くなるとする内容。しかしある一方では
 否定の声も。
 動物実験では高確率でガンが発生する事はわかっています。しかも
 動物実験では発がん性物質を、実際の喫煙、受動喫煙での摂取する
 量とは比較にならない程、大量に投与しているからです。
■ 60年間で肺ガンが70倍増えると喫煙者減る一方
 その事を決定的にさせるのが、厚生労働省の人口動態統計から見た
 人口10万人あたりの喫煙率と、肺がん死亡率の推移。1950年代から
 2010年の60年間を見ると喫煙者は減少しているのに対し、肺ガンの
 死亡者数は70倍にも増えています。この結果から肺ガンと喫煙という
 要因は重大なものではないという事が分かってきます。
 諸説ある中でタバコの害は認めるとしても、ニコチンがアルツハイマー
 病とかパーキンソン病や大腸炎の治療に有効である事は証明されて
 いる事も事実。実際の治療現場への導入も進んでいる事から、受動
 喫煙が体に与える影響は、これからもまだまだ時間を掛けて正確な
 研究が求められるはずです。
■ タバコの煙に含まれる「三大有害物質」
 では実際、タバコの煙にはどういう成分があるかと言えば含まれる
 多くの物質の中でも三大有害物質というものがあります。
 まずはニコチン。治療に使われている事は除き、ニコチンは体に摂取
 してから数秒で全身にまわる性質があるので、身体的な依存が起きる
 事は有名です。
 次にタールもタバコの害としてよく聞きます。喫煙者の部屋の壁紙や
 カーテン等が黄ばんでいるのは、このタールのせいです。1日1箱、
 毎月タバコを吸っている人は1年間で、コップ1杯分タールを飲んで
 いると言われている説もあるので、やはり注意したいもの。
 そしてみなさん、ヘモグロビンの名前は聞いた時ありますか?これは
 聞きなれない一酸化炭素の存在。赤血球に含まれているヘモグロビン
 は酸素と結合し、全身の細胞へと酸素を運搬する役割を担っている
 のがへモブロビンと結合する事で酸素の受け渡しをする重要な役割
 が奪われてしまう、その結果、慢性的な酸欠状態に陥る事になり、
 運動能力を低下させたり動脈硬化などのリスクを誘発するとされて
 います。

肺ガンとタバコの因果関係は、まだまだ研究の余地があるとしてもやはり
「タバコ」という存在はあなどれない危険性が潜んでおり、病気になるリスク
は避けられない物なんですね…
[ 2017/02/20 16:23 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>