「缶コーヒーは悪魔の飲み物」と医者が言う理由!
みなさん、こんにちは♪
自動販売機などでは気軽に買えますが、缶に限らずペットボトルも同様
ですが、そうしたものに「コーヒー飲料」はカフェで売られているコーヒーとは
まったくの別物。「砂糖の固まりが溶けた液体」に過ぎず、健康にいい事は
一つもないそうです。
例えば… サントリー「ボス ホームエスプレッソラテミックス 甘さ控えめ」
という商品の場合、1本に65.1gの糖質が含まれています。角砂糖に換算
すると、なんと16個分に相当します!にも関わらず、「甘さ控えめ」と謳われ
ています。この売文句にひかれて、これなら健康に良さそうだ… と判断して
いる人も多いのではないかと思います。
コーラ等の甘い清涼飲料水が糖分を多く含む事は45るとして、注意が必要
なのは健康に良さそうな商品。ウィダーinゼリーには45g(角砂糖11個分)、
ウェルチ・オレンジには96g(角砂糖24個分)、CCレモンは50.5g(角砂糖
12個分)といった大量の糖分が含まれています。
血糖値が健康管理の最大のカギ
 「血糖値」という言葉はみなさんご存知かと思います。会社の健康診断でも
 「空腹時血糖値」や数か月での血糖値の推移を見る「ヘモグロビンA1c値」
 が調べられています。この血糖値こそ、糖尿病に限らず健康状態のすべて
 を決めると言っても過言ではないんです。
 太っている人が医者から痩せなさいと言われるのは、肥満があらゆる病気
 の引き金になるからなんです。認知症など、怖い病気はみんな肥満と関係
 しています。
 血糖値が安定しない事でイライラ、眠気、倦怠感、吐き気、頭痛といった
 不快な症状も招きます。
現代人の多くが「糖質中毒」だった
 糖質たっぷりの清涼飲料水を摂る事で、朝から血糖値を上げます。
 血糖値を上げるのは糖質で、脂質やタンパク質は上げません。なので
 バターで焼いた肉をたくさん食べても上がらず、太る事もありません。
 しかし、たった1本の飲み物が血糖値を急激に上げ肥満に。そこには
 大量の糖質が含まれているから。この糖質は炭水化物と言い換える事が
 出来、糖質たっぷりの清涼飲料水に「糖質〇g」でなく、「炭水化物〇g」
 と表記されているのがほとんどなので、気づきにくいそうです


血糖値が急激に上がったり、急激に下がったり繰り返す事を「糖質中毒」と
言い、脳がおかしくなってしまった非常に深刻な症状です。しかし、この中毒
に陥ってる本人にはまったくその自覚がありません。
実は各清涼飲料水メーカー等は、人の至福点について計算し尽くし、商品を
設計しているんです。

【清涼飲料水糖質量】
商品名         炭水化物      角砂糖
いろはす もも    26.6g        6.6個
カルピスウォーター 55g         13.7個
ポカリスウェット    31g          7.7個
アクエリアス     23.5g         5.8個
オロナミンC      19g          4.7個
コカコーラ       56.5g       14.1個
三ツ矢サイダー    55g         13.7個
ファンタオレンジ   57.5g        14.3個
カゴメ 野菜生活   14.8g         3.7個
カゴメ 野菜1日   13.7g         3.4個

参考資料
「医者が教える食事術 最強の教科書」より
牧田善三 著
[ 2017/09/24 15:50 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>