思っている以上に「体に悪い食品」ランキング!ガム、卵、お惣菜も?
みなさん、こんにちは♪
ポテトサラダを食べた人がO157に感染した事件など、話題の食中毒。
食品によっては深刻な症状に陥り、死に至る危険なものもあります。
また、健康のつもりで食べていたものが、実は体に害があったりと意外
な食べ物が身の回りにあふれています。今日はなるべくなら、避けた方
がいい食べ物をランキングにしてみました。
清涼飲料水や出来合いの煮物は肝機能障害の要因に
 口がさみしい時や眠い時に、ついガムやタブレットに手を伸ばして…
 実は徐々に体をむしばんでいくと言います。
 科学ジャーナリストの渡辺雄二氏によると、タブレットやガムは添加物
 の塊。特に危ないのは、人工甘味料のアスパルテール。アメリカでは
 アスパルテールの摂取した結果、頭痛やめまい、不眠に視力低下や
 味覚障害を起こしたという苦情が相次いだそうです。
 また、複数の研究者から発がん性の疑いも多く指摘されているそうです。
 パッケージの成分表に、配合の多い順に添加物が記載されいますが
 アスパルテールは前の方にある商品が多く、つまりそれだけ高い割合で
 入っているものだそうです。
 パックに入った卵は「量が多そうだから」と、Lサイズを選びがちですが…
 実は「卵は小さいほうがいい」と栄養管理士の梅原祥太氏は言っています。
 Lサイズの卵を産むのは大きな鶏。つまり、年を取った鶏しか産めません。
 大きくなるまでに、遺伝子組み換えの飼料や抗生剤が多く与えられ、その
 成分は卵の中にも入っています。こうした成分が体内に蓄積されると、
 生活習慣病や老化の原因にもなります。
塩素漬けで栄養分流れまくりのコンビニやスーパーのサラダ
 栄養管理士の梅原氏の話では、少しでも野菜を食べようとカット野菜など
 サラダ類を食べるのも実は逆効果!コンビニやスーパーのサラダは塩素
 で消毒され、肝心の栄養が抜けているそうです
。しかも、ドレッシングには
 オメガ6系脂肪や果糖ブドウ糖液糖が多く含まれているので、サラダなのに
 肥満を招きます。
 コンビニのおにぎりやお弁当のご飯には、ご飯の保存性を高める為に
 グリシンなどの添加物が使われています。基本的には添加物の少ない
 ご飯や主食にする事を強くオススメします。 (内科医 大和田潔氏)
 フードプロデューサーの南清貴氏は清涼飲料水や惣菜の危険性について
 話しています。
 清涼飲料水や煮物などの惣菜には、砂糖より安価なブドウ糖果糖液糖
 いう添加物が使われています。これらは果糖を濃縮して作られ、吸収する
 たびに肝臓に非常に負担をかけ肝機能障害を起こすリスクがあります。
そして危険なのは市販の食品だけでなく、外食にも
 激安居酒屋では野菜の鮮度に注意!某居酒屋のマニュアルには「古い
 野菜で茶色く変色している部分は切り除いて提供しろ」と書かれています。
 100円の回転寿司の場合、ネギトロなどは安い赤身に植物油を2割ほど
 混ぜて提供。酢飯には大量の塩と砂糖が使われているので、想像以上に
 体に悪いそうです…  (食品安全教育研究所代表 川岸宏和氏)

~ ついつい食べてしまいやすい要注意ランキング ~
1.正体は添加物の塊。ガム、タブレット、のど飴
2.薬品漬けの年寄り鶏から産ませるLサイズ卵
3.添加物を多量に摂るコンビニおにぎり、ご飯
4.塩素漬けで栄養分流れまくりのコンビニ、スーパーのサラダ
5.体に悪い甘味を砂糖に代用している清涼飲料水や惣菜
6.古い野菜を再利用した激安居酒屋
7.人工的な油がネタに注入されている100円回転寿司

みなさん、いかがでしたでしょうか?食欲の秋も終わり、季節は冬です。
食欲も増えると思いますが、ぜひご参考にしてくださいね♪

 
[ 2017/11/02 18:31 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |