FC2ブログ
年末の大掃除に!家でもっとも菌が繁殖しやすい場所と対処法♪
みなさん、こんにちは♪
一見キレイに掃除されたキッチンも見えない所に汚れが潜んで
いると言います。キッチンは細菌が繁殖しやすい場所。食べかす
が少しでも残っているだけで菌が増殖、食中毒の危険性はアップ
するそうです。アメリカのアリゾナ大学の研究によると、きちんと
除菌、殺菌が出来ていないと24時間以内に細菌が10~100万個
にまで増えます。この細菌が多いければ多いほど、食中毒が発生
しやすくなります。今回はもっとも菌が繁殖しやすいキッチンの掃除
方法や対処方法をご紹介していきます。
シンク回り
シンクや排水くち、三角コーナーの周りに何万個もの病原菌が潜んで
いる可能性があります。生の鶏肉を切るのに使ったキッチン用品には
サルモネラ菌などの細菌が付着。また、シンクを触った手で顔に触れる
のは、細菌を顔に塗っているようなものなのでNG!
対処方法
生肉や野菜、ペット用ボウルを洗い流したらすぐにシンクを掃除します。
たとえ毎日シンクを使っていないとしても1日1回は掃除するのがベスト
との事。そして最後に除菌スプレーを振りかける事もお忘れなく。
スポンジ、キッチンクロス、食器用ブラシ
公衆安全衛生の権威、FNSインターナショナルが実施した発表によると
75%の世帯で使用されているスポンジとキッチンクロスから大腸菌が
検出されたと言う。同じクロスを何日も使い続けると食器に細菌が拡散
されるとのコメント。そしてその食器を使って食事する事により、病原性
大腸菌が体内に侵入、体調を崩す事になるそうです。
対処方法
キッチンクロスは毎日取り換える事。汚れたクロスは温水で洗浄し、温風
で乾かせば除菌も出来ます。スポンジも数日に1回は取り換えるのが理想、
もしくは毎日電子レンジに入れて、2分ほどチンするのも効果的だそうです!
コーヒーメーカー
同じくFNSインターナショナルがコーヒーメーカーの調査を行ったところ、
50%以上の給水タンクから酵母菌(イースト)やカビを発見しました。
そしてそれらの菌によって、アレルギー反応を起こす人もいるそうです。
もちろん、コーヒーの味も悪くなります…
対処方法
1ヵ月に1回は給水タンクに酢を入れて30分ほどつけ置き。それからポット
へドリップし、さらに数回キレイな水でドリップすればOK。待っている間に
フィルターなどのパーツを洗い、乾かしておくと時間も短縮出来ます。
キッチンのカウンター
毎日拭いているキッチンカウンターも油断は出来ません。カウンターに
水洗いされていない野菜や生肉、スーパーの買い物袋、お弁当箱など
1回置くだけで見えない菌は広がっているのだとか!調査ではおよそ、
3分の1のカウンターに糞便系大腸菌が検出されたとの報告があります。
対処方法
調理前と調理後は必ずカウンター表面を除菌。ペット用ボウルやおもちゃ
にはブドウ球菌が付着しています。1日中持ち歩いていたハンドバッグも
カウンターには置かないようにしましょう♪


[ 2017/12/19 15:37 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |