FC2ブログ
この時期、ヒートショックを防ぐには?
みなさん、こんにちは♪
一年で最も寒くなる時期を迎えました。気をつけたいのが急激な
温度差によって体調不良を起こすヒートショックです。風呂での事故
が多く、死に結びつく事も。今日は防止策をご紹介します。
風呂で事故が起きるのはなぜか?暖房をつけた暖かい部屋から
寒い脱衣場へ行って裸になり、更に冷えた浴室に入ると血圧が
急上昇に。お湯に浸かって体が温まると、今度は血管が広がり、
血液が下がる。寒い脱衣場に出るとまた血圧が上がる。こうした時
脳出血や心筋梗塞を起こしたり、気を失って湯船でおぼれたりする
危険があります。血圧が変動しやすい高齢者は特に注意が必要。
厚生労働省の調査によると、2016年に家の風呂でおぼれて亡く
なった人は138人。9割以上が65歳以上の高齢者。
この中にはヒートショックが原因で亡くなった人も見られます。
浴室内に暖房が無い場合はどうしたらいいのか?シャワーを高い
位置に固定し湯船を貼ると、シャワーの湯気で浴室全体を温める事
が出来ます。この時はやや高めの湯温にします。沸かし湯の場合は
脱衣前にふたを外し、かき混ぜて蒸気をたてます。
室温計を付け、浴室や脱衣場の温度を知る事も大事。適切な目安に
ついて、体調や体質にもよりますが18℃未満は避けた方が良いそうです。
安全なお風呂の入り方について消費者庁は、お湯の温度は41℃以下、
浸かる時間は10分までを目安に。食後すぐやアルコールが抜けないうちは
入らない。また、入る前に家族に一声かけるなどと呼びかけています。
また、日本気象協会はウエサイトでヒートショック予報も出しています。この
気象情報をもとに、家の中でヒートショックが起きる危険度を「油断禁物」
から「冷え込み警戒」まで5段階のマークで示しています。市町村別に出て
いるので、離れて暮らす家族も電話やメールで注意を促す参考に出来ます。
[ 2018/01/16 13:30 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |