びっくり!シャワーで顔をすすいではいけない理由…
みなさん こんにちは♪

夜の洗顔はお風呂で… という方も多いのではないのでしょうか?湯気で
汚れが落ちやすくなるし、シャワーでサッと流せて楽と思うかもしれません
が、これが美肌を妨げる大きな原因に。どうしてシャワーで顔をすすいでは
いけないのか?今日はそのお話をご紹介していきます。
シャワーを使えば、隅々まで洗い流すことが出来るので、すすぎ残しはなく
肌にいいイメージがあるかもしれません。しかし、実際には肌を傷め乾燥や
たるみを引き起こしてしまうんです。その理由とは…

水圧が強すぎる
 顔の皮膚はとてもデリケート。体にちょうどいいと感じる水圧でもダメージ
 を与えてくれます。だからといって、弱すぎると気持ちが悪く、つい強めに
 してしまいがちです。
皮脂を摂りすぎてしまう
 水圧が強いと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。すると、肌が乾燥
 しやすくなって、たるみを引き起こす事も!そしてバリア機能が低下する
 事もあり、肌荒れの原因にもなります。
たるみや毛穴の原因に
 水圧によって毛穴がたるみやすくなるとも言われています。楕円形、涙の
 ような形の毛穴が目立つようになったら要注意です!シャワーによって、
 開いた毛穴に汚れ再び入り込んでしまう事もあるようです。
温度が高すぎる
 お風呂では裸ですから、シャワー温度を体にちょうどよく設定すると思い
 ます。しかし、それは熱すぎて肌にダメージを与えています。顔の皮膚へ
 の適温は32℃くらい。40℃近いと乾燥だけでなく、ニキビを作る原因に
 もなります。高価な化粧品を使ったり、マッサージしたりと頑張っても、
 シャワーによるすすぎで、すべてが台無しになってしまいます。
肌を守る正しいすすぎ方
 シャワーを使えないならどうすればいいか?そんな方の為にすすぎ方を
 ご紹介します。
 ①すすぎは「手」で!
  両手に水をためて、それを顔にかけます。この時、手で顔をこすらない
  ように注意してください。
 ②体温より低い温度で
  使用する水は30~34℃くらい。冷たすぎず、熱すぎない温度で。
 ③年齢の数だけすすぐ
  これは良く言われる方法です。まずは顔全体に100回くらい水をかけ、
  それが生え際や、小鼻の周りなど、すすぎ残しが出来やす所を20~
  30回ほどすすぎます。50回以上すすでも残っているように感じた場合
  は、洗顔料に問題があるかもしれません、。

洗顔ではすすぎの方が、重要と言われるほど大切なポイント。夏なのに
乾燥するという時は、すすぎを見直してみませんか?
 
[ 2016/08/25 12:34 ]

| お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<「おもいやり」なら整骨院の通院もOK♪ | ホーム | こんな時も「おもいやり」♪>>
コメント
--- お願い ---

いつも驚きの情報をありがとうございます。シャワーが顔の弛みの要因とは・・・・
もう既に弛んでおり、もっと早くこの情報が欲しかった。
お願いとして、弛んでしまった場合の修復方を期待してます。
痩せたいジェントルマン * URL [編集] [ 2016/08/29 14:11 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/249-86e0566f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |