FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
スマートフォンのバッテリーを劣化させない正しい使い方♪
みなさん こんにちは♪

ここ数年でスマートフォンもだいぶ普及してきましたね!
冬のボーナス商戦もあり、携帯会社各社は9月から新機種連続
投入していました。バッテリーも年々進化していますが、出来たら
長く持たせたいのが本音です。そこで今日は、スマートフォンの
バッテリーを長持ちさせる為のお話をご紹介します。何を今さら… 
でも、まだまだ知らない人はたくさんいるんですよ(笑)

高温を避ける
 高温になると、バッテリー内部の化学反応が早く進行します。
 つまり、それだけ早くバッテリーが消費されて充電しなければ
 ならない回数が増えます。また、かなりの高温になると熱暴走
 が起き、バッテリー内部の液体が沸騰してしまいます。
 そうなると回復不能なダメージを受けたり、爆発する可能性も!
バッテリーは使い切らない
 リチウムバッテリーはニッケルバッテリーと違い、充電する前に
 使い切る必要はありません。リチウムバッテリーはメモリー効果
 がない
からです。とはいえ、使い続ければ最大容量は小さくなって
 しまいます。注意したいのは、空になるまで使い切ってしまうと
 むしろ劣化が早まってしまいます。なので、バッテリーが空になり
 かけたら早めに電源を切ってダメージを回避しましょう。
50%充電で保管する
 スマートフォンをしばらく使わない時は、50%程度充電した状態で
 電源を切り涼しい場所での保管
をして下さい。そうすればバッテリー
 容量劣化や修復不能なダメージを避ける事が出来ます。

と、ご紹介したものの実際はしない人がたくさん(笑) 依存度が高い
のがスマートフォン。いずれにせよ、バッテリーは使うたびに減ります。
実際、1年間で4~20%も!容量が減るとされています。今日ご紹介
したルールを守れば、次の買い替えまでは良い状態を保てるはず。
ぜひ、お試しを♪
[ 2016/12/17 11:57 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<冬のノロウィルスを防ぐかんたんな習慣♪ | ホーム | チーズを食べる人ほど長生きできる?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/289-035324ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。