FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
メタボ、寝たきり予防にも効果!中高年の為の筋トレ
みなさん こんにちは♪

週刊誌を見ていたら「筋トレは中高年になってからでも遅くない」との
見出しが…
一般的に筋力は20~30代をピークに、その後20年間で緩やかに減少
し、60代になると急激に低下します。男性は女性よりも顕著で、また、
上半身よりも下半身の筋肉が衰えやすいと言われています。
下半身の筋力低下は、生活の充実度を左右するもの。筋力が落ちて
歩く時に足がしっかり上がらず、「すり足状態」になってしますと小さな
段差でつまずいたり、転倒するリスクが高くなります。年齢によっては
転倒がきっかけで、寝たきりになってしまう人も少なくないので注意が
必要です。いくつになっても無理のない筋トレを行う事で、出来る限り
リスクを減らしていきましょう。
年々低下してしまう筋肉ですが、適度なトレーニングで適切な頻度を
行えば、年代に関係なくちゃんと筋力を上げる事が出来ます。
目安は週に2~3回程度。筋力をしっかりつけたいのなら2~3日程度
空けてから行うのが効果的。筋肉を使う事で、基礎代謝が高まれば
肥満防止にもつながて一石二鳥です。
全身の筋トレは不要?まずは「大腰筋」を鍛える
 筋肉はバランスよく全身につける事が大切です。運動習慣が無い
 のに、全身トレーニングと言われると尻込みしてしまいます…
 そこで、オススメなのが足の筋肉のトレーニング。日常生活で必要
 とされる太もも周辺の筋肉のうち、特に重要なのが「大腰筋」です。
 大腰筋は、股関節と骨盤を繋ぐ大事な筋肉。日常生活でも大事な
 役割をしています。この筋肉が年齢と共に低下すると、ごく簡単な
 日常動作がうまくいかず、転倒などの思わぬ事故に繋がります。
効果的な筋力トレーニング方法
 筋トレを始める際は、専門的な器具を揃える必要はありません。
 筋力トレーニングを行う為の注意点
 ・呼吸を止めない
 ・反動をつけずに、ゆっくり行う
 ・使っている筋肉を意識する
 〇太もも上げ
 椅子に座った状態で、膝を抱え込むように太ももの前を意識して
 上げます。背筋を伸ばして10回を目安に1~3セット。
 〇膝伸ばし
 椅子に腰かけた状態から。片方ずつ膝を伸ばして、1秒ほどその
 状態を維持したら元に戻します。左右交互に行います。もちろん
 片方ずつでも構いません。10回を目安に1~3セット。
 〇スクワット
 両手で椅子の背もたれを持ち、肩幅に開いた状態からゆっくり
 浅くかがみます。この時、膝とつま先が開くようにし膝の角度が
 90度以上にならないよう気を付けましょう。
 こちらも、10回を目安に1~3セットを。
今まで筋トレを行った事が無い人は、無理のない範囲で行うように
しましょう。健康の為とはいえトレーニングをした後、動けなくなる程
きつい負荷で行ってしまうと長続きはしません。気軽な運動習慣と
して取り組んでみましょう♪
 
[ 2017/02/16 18:35 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<タバコの健康被害は本当? なぜ「喫煙者減」なのに「肺ガン増」なのか? | ホーム | 「みかんの皮は捨てないで!」干して使える活用法♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/304-0bc6f3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。