FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
じつはスゴイ!「足湯の効果」
みなさん こんにちは♪

ここ数年、高速道路のサービスエリアや道の駅などで見かける機会が
増えてきた「足湯」。健康面では何か良い効果が期待できるのか今日は
ご紹介していきたいと思います。

じつは昔からある「足湯」
 足湯とは文字通り、ひざ下から足先にかけてのみお湯に浸かる部分。
 足湯と聞くと温泉地や休憩地などにあるというイメージが強いかもしれ
 ません。ただ、医療や介護の現場では「足浴」と言い以前から全身浴が
 出来ない患者さんに対して行われてきました。全身浴は全身に掛かる
 水圧が大きく、特に心肺機能が弱い方にとっては負担が掛かる事が
 あります。一方で、足湯(足浴)は体に負担が掛からず手軽に行える
 方法です。また、全身に対して様々な健康上の効果をもたらします。
足湯の健康効果
 足の中でも「ふくらはぎ」は下半身にたまった血液を心臓に送り返す
 働きがある事から「第二の心臓」とも呼ばれている場所です。
 その為、ふくらはぎをお湯に浸かるようにするだけで、足だけでなく
 全身にも良い効果をもたらすと考えられています。
 ・全身に対する保温効果
 足湯をする事で、足先の血液を温める事が出来ます。さらに温まった
 血液はふくらはぎのポンプによって、全身に送られます。
 これまでの実験で、42度のお湯に15分間足浴すると足浴後、25分
 たっても体温を高く保持出来る事がわかっています。
 ・睡眠を促す効果
 体の保温効果は前に伝えましたが、この時間を短くすると睡眠を促す
 効果も期待できる事もわかっています。
 42度のお湯で10分間未満の足湯を行うと、足湯後、体温が速やかに
 下がり眠りにつきやすくなる事がわかりました。
 ・足のむくみを解消
 ふくらはぎや足先は、重力によって血液が下に向かって流れる為に
 血液中の老廃物が溜まりやすく、むくみやすい場所です。 そこで、
 足湯する事で温められた部分の血行が良くなり、むくみ解消の効果
 が期待できるんです。
 ・免疫力をアップさせる
 この足湯を続ける事で、ナチュラルキラー細胞が活性化する事が
 わかりました。このナチュラルキラー細胞はがん細胞やウイルスを
 攻撃する働きがあり、重要な役割をはたしています。
 ・リラックス効果
 足湯には、副交感神経の働きを高め全身をリラックスさせる効果が
 あります。また、公共の場所設置されている今はしばらく滞在する為
 その場にいる人たちとの会話が生まれ、ストレス解消にもつながると
 考えられます。
こんな方にオススメ!
 ・高齢者や心肺機関が弱い方
 全身浴は水圧で血圧や呼吸数が上昇する事はわかっています。
 その為、足湯はそのような心配がなく高齢者や心肺機能が弱い方
 でも安心して楽しめる入浴です。
 ・病気などで入浴が難しい方
 風邪などで免疫力が低下している場合は、全身浴では湯冷めをして
 かえって悪化。そんな時にもオススメです。
 ・産後の方にも
 体力が低下している産後は、細菌に対する効力も落ちています。
 その為、産後はシャワーは可能ですが入浴は不可能です。そんな時
 リラックスしたいですよね。そこでも足湯がオススメです。

今週末は連休で、お子さんたちは待ちに待った春休みが始まりますね。
天気もいいみたいなので、出かける機会も多いかと思いますが、ぜひ
足湯に入る機会があればお試しを♪
[ 2017/03/16 20:24 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「熟睡したい時」に気を付けたい事、食べると良い物♪ | ホーム | 骨の老化防止「牛乳を飲むだけでいい」は間違いだった!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/310-4ec2b00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。