FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
コーヒーが健康に悪いは大きな誤解!うつ病を防ぎ寿命を延ばす♪
みなさん、こんにちは♪

かつてコーヒーは体に悪い飲み物と言われてきました。カフェインが胃腸
の粘膜を荒らすうえ、睡眠の質を下げてしまうと考えられていたからです。
が、それも今は昔の話。ここ数年の研究により、コーヒーの立場は逆転し
科学の世界では今や「最強の健康飲料」と呼ぶ声まで出ています。
そのメリットは幅広く、ダイエットや集中力アップのような身近なものから
糖尿病やアルツハイマー病といった難病にも効果があり、はては寿命を
延ばす作用が確認されたというから驚きです!
コーヒーのメリットが見直されたのは2012年頃の事。カリフォルニア大学
が402,260人を約13年に渡って追いかけた所、コーヒーの量と死亡率は
以下のような研究結果が見られたそうです。
飲めば飲むほど死亡率が下がる
 コーヒーを飲む量が増えるほど死亡率が下がり、1日に4~5杯あたりで
 効果が最大限に。それより多く飲んでしまうと逆にメリットが低下。
 2014年には、さらに科学的な信頼性が多いメタ分析も行われ約100万人
 を対象としたコーヒーと全死亡率の関係性が調べられました。こちらでは
 糖尿病や心疾患、アルツハイマーといった現代病にかかる確率が大きく
 下がったそうです。
カフェイン抜きの製品でも同じ効果が
 さらにコーヒーのメリットには寿命を延ばすだけにとどまらず、コーヒー
 にはメンタル改善からダイエットまで幅広い効果も確認されています。
 ハーバード大学の2011年研究によると、1日4杯のコーヒーを飲む人は
 うつ病のリスクが20%も低下、同じく2016年研究では1日4杯のコーヒー
 で自殺率が53%も下がったそうです!

正直、ここまで幅広いメリットを持った飲み物は他にはありません。怪しい
ダイエット薬に手を出すくらいなら、まずコーヒーを飲んだ方がよほど意味
があります。とはいえ、なかには「カフェインは苦手で…」という方も多い
はずです。カフェインの強さは遺伝によって大きく左右される為、ほんの
僅かでも不眠や不安などの副作用が出てしまうケースも珍しくありません。
それ以外の皆さんは1日400gのカフェインを越えなければ、コーヒーの
メリットをフルに活かせるはず。これからはコーヒーを単なる嗜好品でなく
健康飲料として楽しんでみて下さいね♪
[ 2017/05/19 13:58 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「冷蔵庫」に入れるべき?入れない方がいい? | ホーム | やる気スイッチを一瞬で入れる4つの習慣♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/323-4fe102ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。