FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
スポーツ庁推奨がスニーカー通勤は?
みなさん、こんにちは♪
「スポーツ庁がスニーカー通勤を推奨」というニュースが出ました。
健康増進につなげ。医療費を削減する狙いがあるようです。この
記事によると、「スニーカーで通勤し、自宅や会社の一駅前で降りて
歩いてもらう」政策のようです。
確かに通勤時間帯が運動時間になれば、忙しいサラリーマンやOL
でも運動を習慣づける事が出来ます。さらに満員電車の緩和や予防
医療として広く浸透すれば、胃旅費削減も期待できるかもしれません。
しかし、この「スニーカー通勤」は「本当に健康増進に繋がるのか?
マイカー通勤は体脂肪が多くなるのか
 マイカー通勤と電車通勤、徒歩での通勤において、肥満度と死亡率
 を比べた研究結果があります。
 ①マイカー通勤(自家用車、タクシー、バイクなど)
 ②公共機関での通勤(バス、電車など)
 ③徒歩あるいは自転車での通勤
 の3グループに分類。BMI(肥満度の指数)、体脂肪率の関係をみて
 みた所、BMI、体脂肪率共に
 1、公共機関での通勤
 2、徒歩あるいは自転車での通勤
 3、マイカー通勤
 の順に低かったそうです。この結果からマイカー通勤者は電車通勤
 や徒歩通勤の方より肥満度が高い事が分かります。電車通勤でも、
 地下鉄はエスカレーターが無い所もある訳ですし、比較的に会談を
 使うチャンスもあります。考えてみれば当然ですが、やはり歩く事は
 肥満度を下げると考えられます。
運動はメンタルヘルスにも、風邪予防にも効果がある
 さらに意外と知られてない運動の効果が。過去の研究結果によれば
 ・ストレス解消になりメンタルヘルス不調の一次予防に効果がある
 ・ストレッチや筋力トレーニングで腰痛が改善する可能性がある
 ・中強度の運動によって風邪をひきにくくなる
 逆に、運動不足が健康に悪影響を及ぼす事も実証されています。
 ・世界の全死亡数の9.4%は運動不足であり、肥満や喫煙に匹敵
 する脅威である
 ・運動不足は肥満や生活習慣病発症のリスクである
 運動が健康に良い良いのは改めて納得しました。では、具体的に
 どれくらい運動すれば良いのか。
毎日10分長く歩くだけでも生活習慣病予防に
 毎日60分以上の運動は無理… と、多くのの人が感じると思います。
 厚生労働省はそれを見越し、次の指針を立てています。
 「全年齢層のおける身体活動の考え方
  現在の身体活動量を、少しでも増やす。例えば、毎日10分間ずつ
  長く歩くようにする」 やはり、科学的根拠に基づいてるそうです。
運動は奇跡の薬
 アメリカの権威ある学術誌によると、各国の推奨運動量について、
 米国や英国では40~80%、アジアでは80%の成人が達成できて
 いません。そこで、このスニーカー通勤です。まずマイカー通勤を止め
 徒歩で通勤すれば、1日10分長く歩く事は簡単に実現できそうです。
 ちなみに、ニューヨークで働く女性の90%はフラットシューズ。元々、
 ニューヨークの路地はガタガタしていて歩きにくく、靴をすぐダメにして
 しまう為、歩きやすいスニーカーやフラットシューズで通勤し、オフィス
 でヒールに履き替える習慣があるそうです。
普段、運動習慣がない人でも通勤時間を上手に使って、効率よく運動
できる環境、文化ができるといいですね♪
 
[ 2017/10/04 15:48 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<魚をたくさん食べる人、うつ病リスク半減 | ホーム | 「カーテン全開の生活」 朝日浴びてスッキリ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/341-f1196fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。