「化学的に正しい靴下洗い」濡れたまま放置NGの訳
みなさん、こんにちは♪
先日に続き洗濯物の話題をご紹介してまいります。これから冬の時期は
どうしても室内干しの機会が増えるもの。それでも生活する以上、洗濯は
欠かせませんよね。みなさんは靴下はどうしてますか?大量の汗や土で
汚れた靴下は洗濯機に入れる前に一工夫が必要です。
汚れたまま、濡れたまま放置は落ちにくくなる
 ありがちなのが、靴下を濡れたまま放置したり、水だけつけ置きしたり
 する事。実はこれをやると、靴下に汚れが入り込み取れなくなってしまう
 んです
。濡れてしまい、その日に選択できない場合は、ひとまず乾かし
 洗剤液につけ置きしたりするところまで行い、翌日に本洗いの対応を。
 汚れの種類によって、洗濯方法も使い分ける事が大事です。
汗や臭いが気になる場合の洗濯方法
 皮脂やタンパク質の臭いはアルカリ性なので、酸性の漂白剤が効きます。
 40℃のお湯1ℓあたり、酸素系漂白剤5ccを入れ30分くらい置き、洗濯機で
 洗います。液体漂白剤の場合は、汚れに直接つけてもOKです♪
 漂白剤の作用は粉末の方が高いのですが、液体ならウールや絹素材の
 ものにも使えます。汗は日が経つと酸化し、取れにくくなるので翌日まで
 には必ず洗いましょう。
泥などで汚れている場合の洗濯方法
 靴下がドロドロになっている場合、濡れていると泥汚れが繊維の奥に入り
 込んで落ちにくくなるので、まずは乾かしましょう。乾いたら、泥汚れを洗濯
 ブラシでこすり落とします。乾いた泥は表面に乗った状態なので、普通に
 ブラシで払えばあらかた落ちるようになります。
 次に下洗いです。汚れがそこまでひどくなければ、固形石鹸を濡らして汚れ
 につけ、手でもみ洗いします。この時、石鹸で汚れをくるむようにしましょう。
 これで下洗いは完了です。その後は、洗濯機に入れて他の洗濯も一緒に
 洗えばOKです♪
 もし汚れが広範囲の場合は… 粉末洗濯洗剤を利用して、つけ置き洗い
 をするといいでしょう。弱アルカリ性で酵素も入っているので、汚れ落としに
 効果が高い粉末洗濯洗剤がベター。40℃のお湯1リットル当たり、洗剤5g
 程度を入れて、30分~1時間くらいつけ置きます。

こに洗い方をすれば、たいていの臭いは落ちますが、もし心配なら洗剤液に
つけ置きする時に、酸素系漂白剤 (1ℓあたり5g程度) を一緒に入れてみて
下さいね♪
[ 2017/11/14 18:04 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「おもいやり」なら、診断書は不要なんです♪ | ホーム | 家で洗えるもの多数!冬モノ洗濯で抑えたい3つのポイント♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/350-5371caa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |