FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「冬の睡眠負債」 着込み過ぎや温め過ぎは逆効果!
みなさん、こんにちは♪
昨年の流行語の一つにあった「睡眠負債」。今日は予防や対策について
ご紹介してまいります。
眠りが浅くなる季節と言えば、夏の熱帯夜をイメージしがちですが、実は
寒さが厳しい真冬も熟睡を妨げてしまう要素であふれてると言います。
■ 夏だけじゃない!冬も眠りの質が低下
夏の熱帯夜ほどではないものの、冬は日中の活動量が減る事、気温の
低さ、日照時間の短さの3つの環境要因によって眠りの質が低下。
一般的に冬は睡眠時間が長くなる傾向がありますが、低下した睡眠の質
を時間で補っているとも考えられます。1つ目は活動量の減少。眠りにつく
3時間以内に適度な運動をする疲れは深い眠りに必要。寒さを理由に体を
あまり動かさないと眠りの質が低下するそうです。
2つ目は気温の低さは寝つきを悪くする原因。人の脳と体は深部の温度を
下げる事で眠りの休息モードに入ります。その際、手のひらや足の裏を
使い放熱を行いますが、冷えによって皮膚の温度が低下すると末端の
血行が悪くなり放熱が出来ません。その深部体温が下がらず眠りにくさ
を招いています。実は夏の熱帯夜も高すぎるゆえ、深部体温が下がらず
眠りにくさを招いています。夏の寝苦しさと冬の眠りが浅い原因は同じ。
そして3つ目の理由である日照時間の短さは朝の目覚めに影響。起床
時間に太陽の光を浴びる事が出来れば、スムーズに目覚める事が出来
ますが、日の出が遅い冬の朝は光の刺激を受けにくくなります。
■ 重ね着のし過ぎも靴下もNG!冬にやりがちな行為は?
眠りを妨害する3要素の中で、もっとも睡眠に影響を及ぼすのは気温の
低さ。手足が冷える事で血行不良を招いていますが、やみくも温めれば
いいという訳ではありません。
冬場はお風呂上りにピッタリとした靴下を履いてポカポカさせたまま布団
に入るという人もいますが、これはNG!眠る直前に手足を温める事は
手のひらや足裏からの放熱を助けますが、いざ眠りにつこうとする時に
足を靴下で覆う事によって熱がこもり、熱がうまく放散が出来なくなって
しまうんです。冷えが気になっても足は温め過ぎないほうがいいそうです。
どうしても履かないとダメだという人は、ゆるい靴下がオススメ。
また、冬の寝具で望ましくないアイテムもあるとか。睡眠時、人は一晩で
20~30回寝返りを打ちます。寒いからと言って寝返りを打てないほど
重い綿の掛布団で寝たり、寝間着を何枚も重ねて着たりすると寝返りを
妨げる原因になってしまいます。真冬だからと言って、寝具や寝間着で
完全武装し過ぎては逆効果になるんですね。
最後に… 寝室の環境や寝具を変えるだけで質のいい眠りを得られる
可能性があります。もし毎日の眠りに満足していないのであれば、少し
でもいい眠りを目指して環境や寝具を見直してみましょう。
日中のパフォーマンスの向上や精神状態の安定など、快適によって
得られるものは人それぞれですが、それらは人生を豊かにしてくれる
はず。夏の暑さに比べれば冬の場合、環境を変えるのは簡単な事。
少しの工夫があなたの睡眠を大きく変えてくれるかもしれませんね♪
[ 2018/02/15 18:31 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<家の中はバイ菌がうじゃうじゃ?意外なバイ菌繁殖スポット! | ホーム | 襟の黄ばみや泥汚れ、墨汁のシミが「意外なモノ」で落ちる?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/372-7dc48f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。