FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
台所スポンジは煮沸も漂白もNG!菌を繁殖させない正しい使い方
みなさん、こんにちは♪
前回、ご紹介した家の中の菌繁殖スポット。その中でも声が多かった台所
のスポンジは毎日使うキッチンの必需品。洗剤をつけて使うので衛生的な
印象もありますが… 実はスポンジで洗った後、食べかすなどの汚れが残り
湿ったまま放置すると栄養、水、湿度と細菌が繁殖する3つの条件がそろい
ます。また、細菌の多くは10~45℃、特に20~37℃でもっとも活性化。
いくら手をきれいに洗って調理してもスポンジが汚染されていると、食べ物に
菌が付きO-157やサルモネラ感染症などの病気を引き起こす可能性があり
ます。今日は使い方に要注意のスポンジについて、除菌方法などいろいろ
ご紹介してまいります。
劣化を早めて菌を招く!スポンジのやりがちNG例8つ
熱湯での煮沸や漂白剤をつけたりといった行為はNG。スポンジの劣化を
招き、菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうんです。
NG.1
多くのスポンジの耐熱温度は90℃。熱湯をかけて除菌するのはOKですが
煮えたぎる程の熱湯は100℃になってしまうので、スポンジが変形し劣化
の原因になります。
NG.2
漂白剤は除菌効果はあるものの、繊維を傷つけるなどスポンジの劣化を
早めてしまいます。特に塩素系漂白剤はNG。酸素系漂白剤も塩素系ほど
強くないもののオススメはしません。
NG.3
食洗器や洗濯機の強い水流や、他の物にもまれ劣化を早める原因に。
特に食洗器に入れるのはスポンジがヒーターに接触、火事を引き起こす危険
の可能性があるので絶対にNGです。
NG.4
電子レンジで加熱できるのは耐熱温度が140℃以上の物。多くのスポンジは
90℃までしか対応しておらず変形したり劣化する原因になります。
NG.5
天日干しは一見、除菌効果がありそうですがスポンジの素材は紫外線に
弱い為、劣化を早める原因に。風通しがよく直射日光が当たらない場所で
保管を。
NG.6
ピンチでつまむ人もいますが、つまんだ部分が乾燥せず雑菌が繁殖したり、
劣化しやすくなる事も。つるして干すなら専用のループ付きのものにして、
風通しのよい場所へ。
NG.7 
スポンジの除菌には75~90℃の熱湯をかけるのがおススメですが、そのまま
放置はNG!すぐに細菌が繁殖しやすい温度(20~37℃)に下がってしまう為
すぐに冷やすことを忘れずに。
NG.8
汚れた部分をカッターで切って使うのはNG。カッターやハサミで切り口を滑ら
かに切るのは難しく、凹凸が出来てしまいボロボロになりやすくなります。
では、正しいお手入れ方法をご紹介します♪

対策.1  1分以上、熱湯にさらす
耐熱ボウルにスポンジを入れ、やかんで沸かした熱湯を全体にゆっくりと
かけます。スポンジ全体を75~90℃以上のお湯に、1分以上さらすように
しましょう。
対策.2  すぐに水で冷まして水気を切る
そのまま放置は雑菌が繁殖しやすい20~37℃に冷めてしまうので、取り出し
すぐに水で冷まします。その後、水気を切って風通しの良い場所で保管を。

なかなか注目されることのない台所スポンジですが、洗った、拭いた食器は
そなまま口に入るもの。家族の健康を守ってくれる正しいスポンジの使い方
をこれを機に徹底してみてはいかがですか?その際は洗剤や水、お湯など
はケチらずに♪


[ 2018/02/19 11:00 ]

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<お風呂、トイレ… 冬場に怖い「ヒートショック」を防ぐには? | ホーム | 家の中はバイ菌がうじゃうじゃ?意外なバイ菌繁殖スポット!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fukuikyousai.blog102.fc2.com/tb.php/374-5074c788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。